鼻の整形なら口コミ評価の高い信頼できるクリニックに任せよう

プロテーゼを検討する

頬を触る人

プロテーゼというシリコンや人工軟骨を入れて鼻を高くする整形手術があります。日本人は、欧米人に比べて顔のつくりが平たんであることが特徴です。そのため、彫りの深い西洋風の顔に憧れる人は大勢います。鼻が高いことは、そうした焦がれの対象でもあるわけです。しかし、プロテーゼ整形を受けるのであれば、メリットとデメリットをしっかりと把握した上で検討する必要があるでしょう。口コミによると、患者によっては後悔することになったという意見もあります。

プロテーゼには種類があります。素材も違いますし、形や長さなどもさまざまです。厚みや形なども異なるため、患者のニーズに合ったプロテーゼを選ぶことができるはずです。まず形でいえば、I型とL型があります。L型はLの字のごとく、鼻先で曲がった形となっています。しかし、L型は負担がかかりやすく、皮膚が薄くなって穴が開いてしまうといったリスクがあります。I型Iの字のように真っ直ぐな形状で、ナチュラルな仕上がりが期待でき、安全性も高いと口コミ評価が高いのが特徴です。しかし、人によっては合わなかったという口コミもあるため、まずは自分に合ったプロテーゼを採用することが肝心です。

最近では自分の組織を移植して鼻の整形手術をする患者が増えています。とくに、以前プロテーゼを入れた患者が行なうことも多いようです。口コミによると自己組織で整形すると、プロテーゼの違和感や痛み、ズレといった心配がなくなって、ナチュラルな印象になったという声が目立ちます。人工プロテーゼは、素材によってメンテナンスが必要になりますし、実際そのタイミングで除去する患者も多いです。一度除去すると再度人工プロテーゼを入れることは難しくなることもあるといいます。そこで、筋膜や、耳介軟骨など自分の組織をプロテーゼの代わりとして鼻に入れ替えるというわけです。

Back to Top